体脂肪を落とすサプリはこれ!理想の体型を手に入れよう!

体脂肪におすすめサプリ!

年齢を増すごとに増えてくる体型の悩み・・・

 

・最近お腹が出てきた
・健康診断で要検査
・脂っこいものやお酒がやめられない
・運動しても効果が表れない

 

痩せたい!マッチョになりたい!と意識はあるものの、時間がない!面倒くさくて続かない!どうすれば体重・体脂肪が減るのかわからない方に必見です。食事制限や運動するのももちろん大切ですが、お手軽に始められるサプリがおすすめです。ぜひあなたにあったサプリを見つけて、若かりし頃の自分を取り戻してみませんか?

 

ビルドマッスルHMBの特徴

日本製でアスリートの間でも話題になっているサプリです。アミノ酸の中で筋力をつけるのに役立つロイシンから出来る「HMB]は一日に3g必要とされています。これはプロテインの約20杯に相当するもの。それがたった4粒に凝縮されているうえ、1日4キロカロリーと低カロリー。効率よくお手軽に摂取する事が出来ます。

価格 500円
評価 評価5
備考 筋力をつけるのに役立つ成分

 

生漢煎 防風通聖散の特徴

効能効果が認められた満量処方の漢方薬です。18種類の生薬がお腹の脂肪を分解・燃焼・排出促進し、代謝を高め便通や利尿を促します。添加物量を少なくした有効成分は4.500mgのエキスに凝縮。1回1包で最大量27.1gの原生薬が摂れます。辛い物、味の濃い食事が多い方におすすめです。

価格 3,900円
評価 評価4
備考 脂肪を分解・燃焼・排出促進

 

FIRAマッスルサプリの特徴

トレーニングをしながら摂取するとより効果的なサプリです。脂肪と糖分の吸収を抑える成分「インディアンデーツ」とアミノ酸の一種である「BCAA]が合成しており1粒で同時に摂取出来ます。プロテインよりも吸収が速く、何より粒状で飲みやすく続けやすいのが嬉しいですね。

価格 4,800円
評価 評価3
備考 脂肪と糖分の吸収を抑える

 

 

体脂肪を落とすには?

 

ダイエットや健康診断の数値で気になるのが体脂肪です。体脂肪は文字通り体内にある脂肪のことで、皮膚の下に貯まる皮下脂肪と、内臓の周りに貯まる内臓脂肪があります。この体脂肪は体重を落とせば減る、というものではありません。外側か見えない脂肪を落とすには日々の努力が必要となってきます。

 

筋肉量を増やす

 

体脂肪を減らすには、筋肉量を増やし身体の中の脂肪を燃やす必要があります。そのため、普通のダイエットで取られる食事制限は体脂肪を落とす上では行ってはいけません。食事制限をすると筋肉量が減り、脂肪を燃やすための基礎代謝が下がってしまいます。

 

筋肉量を増やすためには筋トレなどの有酸素運動が効果的です。有酸素運動は脂肪を燃やしやすい身体にし、基礎代謝を上げてくれます。

 

緑茶を飲む

 

緑茶は新陳代謝を上げて、脂肪を燃焼する量を増やす働きがあります。また、激しい運動による細胞へのダメージ量を軽減してくれるので、体脂肪を落とすために必要な有酸素運動のケアにも効果的と言えます。

 

充分な睡眠をとる

 

睡眠は普段の生活でも重要なものですが、体脂肪を落とす上でも必要なものになってきます。寝不足は通常時より空腹を招き、肥満状態に繋がりやすくなってしまいます。肥満は体脂肪を落とす上で大きな障害となるため、しっかりと睡眠をとることが大切となります。

 

たんぱく質を摂取する

 

たんぱく質は脂肪を燃焼する上での熱の構築促進の働きがあります。また、たんぱく質を摂取することで代謝率を上げ、効率的な脂肪燃焼を促すことができます。目安として、たんぱく質の摂取を10〜20%増やすことで効果が出てきます。

 

理想の体脂肪はどれくらい?

 

体脂肪は皮膚の下や内臓の周りにある脂肪のことです。表からは見えない部分に脂肪が貯まるため、気付かないうちに脂肪がついてしまう場合が多くあります。

 

その目安となるのが体脂肪率です。体重に対し占める体脂肪の割合を数値化したものを体脂肪率と呼び、健康の指標となっています。

 

体脂肪の計算方法

 

体脂肪率はセルフで算出することができます。計算式は、体脂肪率=体脂肪量(kg)÷体重(kg)×100となっています。

 

体脂肪率は身体の中にある水分量や血流の影響を受けやすいため、同じ日に測定しても時間帯や条件などにより2〜3%の変動があります。測定する場合は毎日の平均を出すようにしましょう。同じ時間帯の同じ条件で算出するようにします。

 

体脂肪率を測定するのに一番向いているのが夜の入浴後2時間です。この時間帯は体内の水分量が安定するので、平均が出しやすくなっています。近年では体脂肪率を簡単に測る機械が販売されているので、こちらも有効的に活用するようにしましょう。

 

体脂肪率の理想数値

 

女性は20〜24.9%、男性は15〜19.9%が適正と言われています。これ以下の数値は痩せ気味、適正以上は肥満となります。

 

女性の場合、数値を低く保つようにする方は珍しくありませんが、痩せすぎは婦人科系の病気の原因となる場合があるので、適正数値内を保つようにしましょう。

 

また、体脂肪率はあくまで目安なので、必ずしも肥満や痩せが当てはまるとは限りません。ダイエットや健康が気になる方は、適正数値を維持しながら見た目も気にするようにしましょう。

更新履歴